くらし情報『幻冬舎社長 実売晒し謝罪するも非難止まず…不買宣言する人も』

2019年5月17日 23:11

幻冬舎社長 実売晒し謝罪するも非難止まず…不買宣言する人も

幻冬舎社長 実売晒し謝罪するも非難止まず…不買宣言する人も


幻冬舎の代表取締役社長・見城徹氏(68)が5月16日にTwitterで作家・津原泰水氏(54)の書籍実売数を明かし、非難の声が殺到している。

発端は津原氏が13日、百田尚樹氏(63)の著書「日本国紀」の問題点について指摘したところ自著「ヒッキーヒッキーシェイク」の文庫本化が取りやめになったとTwitterで明かしたことだった。すると津原氏の著書が文庫化間近のタイミングで中止となり、幻冬舎の担当者を通じて《『日本国紀』販売のモチベーションを下げている者の著作に営業部は協力できない》と説明されたというのだ。いっぽう見城氏は16日にTwitterで《こちらからは文庫化停止は一度も申し上げておりません》と反論。さらにこうツイートした。

《津原泰水さんの幻冬舎での1冊目。僕は出版を躊躇いましたが担当者の熱い想いに負けてOKを出しました。初版5,000部、実売1,000部も行きませんでした。2冊目が今回の本で僕や営業局の反対を押し切ってまたもや担当者が頑張りました。実売1,800でしたが、担当者の心意気に賭けて文庫化も決断しました》

津原氏の出版について「反対だった」と明かし、さらにその実売数を公表――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.