くらし情報『『買ってはいけない』著者が教える「食べてもいい“安全”食品」』

2019年6月19日 16:00

『買ってはいけない』著者が教える「食べてもいい“安全”食品」

『買ってはいけない』著者が教える「食べてもいい“安全”食品」


「健康志向やダイエット・ブームで『糖質オフ』や『カロリーゼロ』などを売り文句にした食品が増えています。しかし、健康志向をうたう食品に使われがちな『合成甘味料』は、自然界に存在しない『化学合成物質』。それらは内臓機能を損なったり、免疫力を低下させて、がんの引き金になるものもあるんです」

こう話すのは、ベストセラー本『買ってはいけない』著者で、近著に『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』(WAVE出版)がある科学ジャーナリストの渡辺雄二さん。店頭で買い物をするときには、商品のパッケージ裏にある原材料名表示の添加物に目をやることが必要だと言う。

「その原材料名の欄には米、小麦粉、みそ、砂糖などの食品原料のあとに、着色料、保存料など添加物を記載することが義務づけられています。食べてもOKかNGかは、ここに何が書いてあるかに注目して判断してください」

私たちが、日ごろ口にする頻度の高い食品に入っている添加物のうち、“危険添加物”は次の5つだ。

【カレールー】

健康に悪影響がある添加物:カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
NGな理由:合成甘味料のアセスルファムKは肝臓障害を引き起こす可能性も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.