くらし情報『福山雅治 一部ファンへの勧告にあった3年前のストーカー恐怖』

2019年6月19日 06:00

福山雅治 一部ファンへの勧告にあった3年前のストーカー恐怖

福山雅治 一部ファンへの勧告にあった3年前のストーカー恐怖


「大田区にある蒲田支店という設定だったので、実際に東京・大田区周辺でロケを行ったんです。エキストラはHP上でも募集していたのですが、ある日、明らかに“偽エキストラ”が入り込む騒ぎが。そういう方々は自分がドラマに映りたいんじゃなく、近くで福山さんを見たいだけ。ギリギリのスケジュールでやっているので、撮影妨害でした」(番組関係者)

連ドラ『集団左遷!!』(TBS系)に主演中の福山雅治(50)。23日に最終回を迎えるが、9日、福山の公式サイトが《ファンの皆さまへのご注意とお願い》との題名で《最近、撮影現場にて一部ファンの方によるマナー違反が見受けられ、撮影に支障がでております》と、注意喚起を行った。「マナーを守って応援してくださるファンの皆さまが大半」としたうえで、撮影現場での写真・動画撮影、エキストラに当選しなかったファンの現場無断進入に強く自粛を求めていたのだ。

エキストラに当選した人たちの中にも双眼鏡で福山さんをのぞく人がいたため撮影が中断されていました」(前出・番組関係者)

スポーツ紙記者は言う。

「公式サイトでも“事務所付近や最寄り駅、ロケ先での出待ち、待ち伏せ行為は、予期せぬトラブルに繋がる危険がある”と禁止行為として明確に記載していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.