くらし情報『『天邪鬼のすすめ』下重暁子さん語る「人生100年時代の処世術」』

2019年6月20日 11:00

『天邪鬼のすすめ』下重暁子さん語る「人生100年時代の処世術」

『天邪鬼のすすめ』下重暁子さん語る「人生100年時代の処世術」


「これまでに100冊くらい本を書いてきた私は、80代に入ってようやく、『本当に書きたいこと』を書くためのスタートラインに立つことができたと思っています。『女性の人生100年』といわれる時代ですが、『前半50年』は、その意味でいうと、本番に向けての『準備期間』でいいんです」

こう話すのは、ベストセラー作家の下重暁子さん(83)。最新刊『天邪鬼のすすめ』(文春新書)でその半生をつづっている下重さんだが、著書のタイトルに込めた意味を、こう明かす。

「天邪鬼とは民話に出てくる妖怪で、寺の入口などで仁王様に踏まれている小鬼。私は大好きなんです。反骨精神を忘れず、あえて人と逆のことをしてみる。その前提条件は、『自分で考え、自分で決める』。つまり、精神的に自立していることです。それができれば、50代以降の『後半50年』を人に頼らず自分の本当にやりたいことができる。それまで家族のために尽くしてきた人も、自分が主役で生きていくことができると思うんです」

若々しく目を輝かせて語る下重さんに、“天邪鬼で生きる”ための知恵を教えてもらった。

■家族に縛られない

「夫や子どもに期待されすぎるのが苦しいように、逆に相手に期待しすぎてもいけません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.