くらし情報『だいたひかる支える夫「がっつり落ち込んでいいから僕を頼って」』

2019年7月21日 06:00

だいたひかる支える夫「がっつり落ち込んでいいから僕を頼って」

だいたひかる支える夫「がっつり落ち込んでいいから僕を頼って」


’16年2月、乳がんの治療で胸を全摘する手術を受けた女芸人だいたひかる(44)。抗がん剤治療を経て、現在はホルモン治療中。術後から丸3年が経過し、治療モードから通常モードに切り替えられる日が近づいていたのだが……。今年3月に本人のブログで再発を報告する記事がアップされた。

’16年当時、本誌に初告白してくれた闘病の様子は、笑える“ネタ”満載で、さすが芸人と思わせてくれるものだった。一方、夫である小泉貴之さん(41)とのエピソードは、笑いの中にもじわりと感動して涙があふれてくるような、あたたかい“ネタ”ばかり。文字どおりの二人三脚で治療に取り組んでいた。再発という事実を受け、今、2人は何を思い、どう過ごしているのだろうか?

【2月13日】しこり発見

だいた「1年に1回、精密検査をするんです。最初がいちばん緊張した’17年で、2回目が’18年。CTと、エコーとマンモグラフィーなどをやるんですが、3回目の今回、全摘したほうの右胸の肋骨と肋骨の間に4ミリのしこりがあるって言われました。細胞診とMRIでさらに詳しく検査しましょうって」

【2月27日】検査結果は判別不能

だいた「検査結果を聞きにいったら、5段階中3と言われました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.