くらし情報『息子と一緒に墓参りへ…反目していた父への感謝(JINSEIのスパイス!第43回)』

2019年9月3日 17:00

息子と一緒に墓参りへ…反目していた父への感謝(JINSEIのスパイス!第43回)

息子と一緒に墓参りへ…反目していた父への感謝(JINSEIのスパイス!第43回)


【今週の悩めるマダム】

父親ががんを発症し、1年半前に手術を受けました。しかし、ここ数週間で体調が悪化。私自身も体調がよくないので、手紙を書いたり、健康食品を送ったりしていますが、もっと何かしてあげることがないか悩んでいます。万が一のことを考えると、恐ろしい気持ちになります。後悔しないために、どうすべきですか?(岩手県在住・40代主婦)

奥様のお気持ちは十分にお父様のお心に届いています。ですから、ご自分を追い込まないで。ご自身も体調がよくないということですので、今いる場所でできるだけのことでいいのです。たとえば毎日お祈りするということでもいいでしょうし、こまめに電話をして声を届けるだけでも思いは届くはずですから。そして、できるだけ楽しいことや愉快な思い出を語ってあげてください。生きてきたことの意味と素晴らしさを娘さんからお聞きになれば、お父様もさぞ安堵されることでしょう。それ以上のことは人間にはできません。奥様の体調がよくなったら、顔を見せに行くのもいいでしょう。でも、逆に無理をして奥様が体を壊したら、悲しむのはお父様ですから、無理はしないでください。

僕には84歳の母がいるのですが、大きな手術を乗り越えながら生きています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.