くらし情報『「60歳・貯蓄ゼロ」でも年金で“一生安心”生活を得る方法』

2019年9月13日 15:50

「60歳・貯蓄ゼロ」でも年金で“一生安心”生活を得る方法

「60歳・貯蓄ゼロ」でも年金で“一生安心”生活を得る方法


「老後資金2,000万円問題が報道されてから、私のもとにも、老後を心配するたくさんの相談が寄せられています。私に言わせれば怖がりすぎですね」

こう語るのは、『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)の著者で、ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さん。

今年6月、「人生百年時代を年金だけで乗り切るのは不可能、老後資金として2,000万円が必要」と、金融庁の報告書が公表された。さらに8月には厚労省が年金の財政検証結果を発表。少子高齢化が進むなか、現役世代の年金の受給額が厳しくなっていくことが示されたが、本当に大丈夫なのだろうか。

「50歳を過ぎてから、いまさら2,000万円余計に貯めろとか言われても難しいでしょ。金融庁は株や投資での運用を勧めていますが、初心者が簡単にもうけられるものではない。なけなしの資金を減らしてしまうリスクのほうが心配」

そんなリスキーな運用をせず、貯金がなくても大丈夫な老後設計はできないものか。長尾さんが現在の年金制度を徹底的に分析。

「“一生安心”生活を過ごすためには5つのステップが必要。順番に解説していきましょう」

【1】住宅ローンは60歳までに完済しておく!

「お金の心配をせずに安心して老後を暮らすためにはローン返済は大きな足かせになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.