くらし情報『りんごちゃん高校時代支えた先生の言葉「個性認めて」と集会』

2019年9月20日 11:00

りんごちゃん高校時代支えた先生の言葉「個性認めて」と集会

りんごちゃん高校時代支えた先生の言葉「個性認めて」と集会


今年大ブレーク中のものまねタレント・りんごちゃん(31)は青森県十和田市出身。りんごちゃんが小学生だったころ、一家はこの町に引っ越してきたという。小学生のころを知る近所の女性は言う。

「当時はけっこうおとなしいイメージでしたので、テレビで元気に大友康平のものまねなんかをしているのを見ると、ちょっと不思議な感じですね。動物好きの優しい子で、よくうちの犬とも遊んでくれました」

町の人々は“物静かなかわいらしい子”という印象を持っていたようだ。地元の高校に進学したが、同級生の男性は次のように語った。

「いまと顔立ちはあまり変わりませんね。(りんごちゃんは)ずっと女の子の友達といっしょだったから、私はあまり話す機会はなかったですね。詰め襟の制服を着ていましたが、サラサラの髪をセミロングぐらいに伸ばしていました。そういえば、あるとき先生が男子を集めて、こんなことを言ったのを覚えています。『A(※りんごちゃんの本名)の個性を認めてあげよう。つまらないことでAをいじめないようにしなさい』って」

いまも“郷土愛”は変わらないようだ。芸名の由来である“りんご”も、青森県の特産品だ。彼女を知るファッション関係者は言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.