くらし情報『ドデカ看板、巨大招き猫…“神様”の目を引く「宝くじ」売り場』

2019年9月26日 11:00

ドデカ看板、巨大招き猫…“神様”の目を引く「宝くじ」売り場

写真:和歌山県「新宮イオンチャンスセンター」

写真:和歌山県「新宮イオンチャンスセンター」



今年も1等・前後賞合わせて5億円のハロウィンジャンボが発売中(10月18日まで)。今回、本誌が注目したのはさまざまなアイデアで、ひときわ目を引くド派手売り場。じつはいま、全国のド派手売り場から1等が続出しているのだ。さっそく、その億招きの秘訣を紹介していこう。

埼玉県「大宮西口DOMチャンスセンター」は’83年オープン以来、ジャンボ億総額90億円と、埼玉一の実績を誇る。ここはジャンボ発売中、大横断幕+金の巨大招き猫+太鼓が通行人の目を引く。

「太鼓は店名のDOMからドンドン億が出るように設置しました。“おおあたり”の文字数にちなんで『5回たたくと神様に届く』といわれています」(江口英敏店長)

仙台市内の大型倉庫が立ち並ぶエリアにあって、’14年、’15年連続年末1等、’18年にはロト6でも1等6億円が出ている宮城県「卸商団地チャンスセンター」。地味な倉庫街で、そのド派手さは際立っている。

「’18年に売り場改修工事を行い、大看板を設置したところ、ロトで6億円。神様の目にとまったと実感しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.