くらし情報『太宰牧子さん「遺伝性がん。私には、乗り越える自信がある」』

2019年10月7日 11:00

太宰牧子さん「遺伝性がん。私には、乗り越える自信がある」

太宰牧子さん「遺伝性がん。私には、乗り越える自信がある」


「手術は順調に終わりました。出血もなかったようですし。ただ、腹腔鏡だったから、おなかのなかにガスを注入しての手術なので、おなかがパンパンで。食欲はあるのに、ご飯が食べられないですね」

そう言うと、太宰牧子さん(50)は笑顔でおどけてみせた。

「妊娠していたら、こんなだったんだろうなというぐらいパンパン」

その前日の9月2日、太宰さんはリスク低減卵管卵巣摘出術(RRSO)を受けたばかりだったが、病室を見舞った記者を、ベッドではなく椅子に座って、出迎えた。とはいえ、さすがに術後の痛みは多少あるのだろう。椅子には浅く腰掛け動作もゆっくりだ。

「明後日、姪のダンスのライブがあるので、見に行こうと思っています。脱走する(笑)」

太宰さんは、エネルギッシュな人だ。実際、手術からまだ3日だというのに、外出許可をもらって、ダンスのライブに向かっている。その翌日に退院すると、9日、東京から京都まで新幹線で移動し、倫理委員会に出席。15日には、筑波大学附属病院で行われた「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)教育セミナー講演」に登壇した。

太宰さんは遺伝性乳がん卵巣がん症候群(以下・遺伝性がん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.