くらし情報『雅子さま守る女性皇宮護衛官 射撃に加え、和歌や華道も求められる』

2019年10月15日 19:20

雅子さま守る女性皇宮護衛官 射撃に加え、和歌や華道も求められる

雅子さま守る女性皇宮護衛官 射撃に加え、和歌や華道も求められる


10月22日の即位パレードは国を挙げての大イベントになる。そんな華麗なパレードの場に限らず、ご公務で地方にいらしたときなどニュースに映る雅子さまや皇族方に寄り添う黒スーツに身を固めた女性たち。過酷な訓練に励む日々を過ごす彼女たちは皇宮警察の皇宮護衛官だ。なぜ、皇族警護の仕事を選んだのか?女性皇宮護衛官の本音に迫ってみた――。

天皇皇后両陛下がお暮らしになる赤坂御用地にある赤坂護衛署の地下。分厚いコンクリート壁に囲まれた静謐な一区画で、セミロングの髪を後ろで束ねた小柄な女性がゆっくりと右腕を水平に向けた。その手に握られたピストルの照準は10メートル先の小さな的にピタリと合わされていた――。

秋の全国競技会に向けてエアピストルの射撃訓練に余念がないのは小池梨奈さん(25)。彼女は皇宮警察・赤坂護衛署に勤務する巡査長皇宮巡査で、皇宮護衛官(※皇宮警察では警察官とは呼ばない)となって4年目の若手ホープだ。

「実は就活するまで皇宮警察の存在を知りませんでした。人事院のホームページに皇宮護衛官が紹介されていて、大学で日本史専攻でしたから、勤務地の1つに京都御所があるのが魅力的だなと。合格したときは、友人から『インドア派なのに大丈夫?』と心配されました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.