くらし情報『『同期のサクラ』竜星涼に残業強いる体育会系上司に怒り爆発』

2019年10月18日 16:44

『同期のサクラ』竜星涼に残業強いる体育会系上司に怒り爆発

『同期のサクラ』竜星涼に残業強いる体育会系上司に怒り爆発


高畑充希(27)主演ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の第2話が10月16日に放送された。17年に高畑主演で話題を呼んだ『過保護のカホコ』の脚本家・遊川和彦氏やスタッフが再集結。どこまでもまっすぐな性格のサクラ(高畑)と4人の同期たちとの10年間を描くドラマだ。

2010年、社会人2年目。大手ゼネコン・花村建設の人事部として働くサクラは、すみれ相武紗季)とともに残業削減のお願いで各部署を回ることに。しかし、同期の菊夫(竜星涼)がいる営業部の部長・桑原(丸山智己)からにべもなく断られてしまう。そして、傍若無人にふるまう桑原の無茶ぶりによって菊夫は次第に追い込まれていき……というのが第2話のあらすじ。

部下には横暴だが、クライアントにはいい顔をする桑原は「(工事現場の)納期を1カ月早めるまで会社に戻ってくるな!」と菊夫に命令する。さらに、夜中に菊夫を呼びつけ無理やり接待に参加させるなどパワハラの限りを尽くす。しかし、桑原が大学の応援団の先輩ということもあって菊夫は抵抗することができない。

見かねたサクラが「これ以上過酷な残業を強要して菊夫くんが過労死でもしたら上司として管理責任を問われることになると思いますが、その覚悟はおありなんでしょうか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.