くらし情報『海老蔵 五輪で宙乗りの悲願にあった“麻央さんとの思い出”』

2019年11月15日 06:00

海老蔵 五輪で宙乗りの悲願にあった“麻央さんとの思い出”

海老蔵 五輪で宙乗りの悲願にあった“麻央さんとの思い出”


東京オリンピック・パラリンピックの文化・教育委員会の委員を務めており、開会式にも出演するといわれている市川海老蔵(41)。そんな彼が、ひそかに動きだしていた。10月23日に行われた内閣総理大臣夫妻主催の晩さん会後、五輪開会式総合統括の狂言師・野村萬斎(53)と打ち合わせを行っていたという。

「海老蔵さんは萬斎さんに『東京五輪の大舞台で宙乗りを披露できないか』と提案しています。そしてさらに、息子の勸玄くんとの共演を希望しているんですーー」(梨園関係者)

海老蔵は、2年前の七月大歌舞伎でも勸玄くん(6)との親子宙乗りを披露していた。そんな海老蔵にとって、今回の提案には“特別な思い入れ”があるという。というのも、“親子宙乗り”は亡くなった妻・小林麻央さん(享年34)が楽しみにしていた演出だからだ。

「麻央さんのがん闘病中、海老蔵さんは息子の勸玄くんに『親子で宙乗りを成功させて、お母さんを勇気づけよう!』と提案したそうです。当時、勸玄くんはまだ4歳。大技の練習はかなり大変だったでしょうが、めげることなく励んでいたといいます。そんな息子の晴れの舞台が訪れる日を、麻央さんは誰よりも心待ちにしていたそうです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.