くらし情報『「手すり持たず」で不当逮捕 カナダ人女性10年後の逆転勝訴』

2019年12月3日 18:21

「手すり持たず」で不当逮捕 カナダ人女性10年後の逆転勝訴

「手すり持たず」で不当逮捕 カナダ人女性10年後の逆転勝訴


カナダ人女性がエスカレーターの手すりを持っていなかったために逮捕。しかし10年もの戦いを経て、ついに最高裁で不当逮捕が認められ2万カナダドルを勝ち取ったというニュースが12月2日に報じられた。

FOX NEWSによるとベラ・コソイアンさんは09年、ケベック州・ラヴァルの地下鉄構内にあるエスカレーターに乗っていた。財布の中身を見ていると、警官に「手すりを持っていない」との理由で呼び止められた。

エスカレーターには「注意」「手すりを持つように」という標識が。するとベラさんが降りた後に警官はもう一度呼び止め、ついてくるように求めた。ベラさんは断り、身分証の提示も求められたが拒否。するとベラさんは拘束され、標識に従わなかったとし100ドルの違反切符を切られた。くわえて、320ドルの罰金も課せられた。

12年にベラさんは無罪となったものの、モントリオールの輸送局と市、そして警官の1人を相手取り告訴。4万5000ドルを求めたが、州裁判所と上訴裁判所が15年と17年に棄却した。

しかし、最高裁は異なる判決を下した。「地下鉄のサインはあくまで警告であり法律ではない」「引き止め、調べた警官こそ間違いだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.