くらし情報『美智子さまの想像絶する孤独 失声症当時も医師に胸中明かせず』

2019年12月31日 11:00

美智子さまの想像絶する孤独 失声症当時も医師に胸中明かせず

美智子さまの想像絶する孤独 失声症当時も医師に胸中明かせず


国民の幸福を祈り、悲しみに寄り添いながら、昭和から平成と伝統と革新の歩みで邁進されてきた上皇陛下の傍らには、いつも皇后として支え続けた美智子さまがいらした。ご成婚後、60年に及ぶお二人の道のりをたどりたい。

「とっても、よいお花ね」

電話口から聞こえてきた美智子さまの嬉しそうな声に、美智子さまと文学を通じて30年以上の親交のある絵本編集者の末盛千枝子さん(78)もまたほほ笑んでいた。花とは、末盛さんが御所に持って行ったリンドウのことだ。

そんな、素朴で清楚な、青紫の一輪の花にも心寄せる美智子さまをバッシングが襲ったことがあった。皇后となってから5年目の10月、心ない批判報道によるストレスで倒れ、59歳の誕生日にお声を失われる。

末盛さんが、葉山の御用邸に見舞った時のことだ。

「あまりにおつらそうなご様子に、つい、『専門家の助けを借りることはできませんか』と、口にしてしまいました」

すると、美智子さまは、かすかに聞き取れるかどうかの声で、

「お医者さまには守秘義務があるとしてもね、すべてを出さないと(カウンセリングが)成り立たないから、それはできないのよ」

それから、さらに声を絞り出すようにして、『でんでんむしのかなしみ』の話をしたのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.