くらし情報『天童よしみ 紅白曲にかける思い…初のラブソングで勝負する理由』

2019年12月30日 21:14

天童よしみ 紅白曲にかける思い…初のラブソングで勝負する理由

天童よしみ 紅白曲にかける思い…初のラブソングで勝負する理由


12月29日、「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサル2日目が行われた。そこに天童よしみ(65)が登場し、「大阪恋時雨」を披露した。さらに今回は、Matt(25)のピアノ伴奏付き。紅白ならではのスペシャルコラボは、話題性十分だ。

6月にリリースされた「大阪恋時雨」。同曲は天童にとって初となるラブソングであり、自身初のソウルバラード。天童にとって挑戦的な作品だが、今年の「年間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」では堂々8位にチャートイン。さらにYouTubeにアップされたMVの再生回数は25万回以上を記録している。

すでに幅広い世代から支持されており、Twitterでもこんな声が上がっている。

《天童よしみさんが紅白で歌う『大阪恋時雨』はものすごく良い。やしきたかじんテイストの大阪弁バラードが大好きなので、初めて聞いた時からグッと来た》
《天童よしみの大阪恋時雨ほんとに推すからみんな聴いて》
《大阪恋時雨は天童さんの代表曲になっていくのではないかと思いました》

もともと「大阪恋時雨」は、作詞作曲を手がけたシンガーソングライター・半崎美子(38)が歌い続けてきたものだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.