くらし情報『足立区で母親が娘を死なせる…母子支援の情報周知という課題』

2020年1月6日 18:04

足立区で母親が娘を死なせる…母子支援の情報周知という課題

足立区で母親が娘を死なせる…母子支援の情報周知という課題


1月2日、生後間もない娘を自宅に放置して死亡させたとして東京都足立区のアルバイト従業員・池田知美容疑者(31)が逮捕された事件。痛ましいニュースに、「助けを求めていれば」と悔やむ声が上がっている。

産経新聞によると1人暮らしの池田容疑者は、12月28日の朝に自宅の浴室で娘を出産したとみられているという。しかし29日と30日はアルバイトへと向かい、自宅を長時間空けていた。そして30日に娘の異変を感じ、1月1日の夜に「子供が動かなくなった」と自ら119番通報。しかし、女の子は搬送先の病院で死亡。体重はわずか1360グラムほどだった。池田容疑者は「金がなく、病院に連れて行けなかった」と供述。妊婦検診を受けておらず、出産後も医療機関を受診していなかったという。

また同紙によると池田容疑者は出産後、薬局などで粉ミルクや哺乳瓶を購入。さらに女の子にベビー服を着せていたという。

自ら119番通報も行なっており、故意に「死なせた」わけでないのではーー。ネットではそんな声とともに、「相談できるひとがいなかったのか」と池田容疑者の孤独に言及するコメントも上がっている。

《1,360グラムしかない子に、ベビー服を着せ、ミルクも買っていた…死なせたかったわけではない、しかし、子と生きていく術が分からなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.