くらし情報『ミルクボーイ「愛妻の手料理が“優勝”をサポートしてくれた」』

2020年1月29日 11:00

ミルクボーイ「愛妻の手料理が“優勝”をサポートしてくれた」

ミルクボーイ「愛妻の手料理が“優勝”をサポートしてくれた」


「うちの“おかん”がね、好きな○○があるんやけどね、その名前を忘れたらしくて」

そんな言葉から始まる漫才で、昨年12月22日に行われた漫才の日本一を決める大会『M-1グランプリ2019』(ABC朝日放送系)で優勝を果たしたミルクボーイ。じつは今年で芸歴15年目。長い苦節の時代を乗り越え、一夜にして“シンデレラボーイ”となった2人が、“フィアンセ”と最愛の妻への愛を語った。

ツッコミ担当の内海崇(34)を支えてくれたのは、交際8年となる恋人(28)の存在だ。

内海「もともと彼女はライブを見に来てくれたお客さんですね」

駒場「ファンです」

内海「平たく言えばね。でもそんな簡単には言うてほしくない。単独ライブでも整理番号1番を取るような人です」

駒場「ゴリゴリのファンやん!ミルクボーイのファンだったんですけど、それに手を出したんです」

内海「もともと、お笑いファンなんで、笑いに対してめちゃめちゃ厳しい。(決勝に出られなかった年の)M-1の放送日、お菓子や飲み物を買いこんで、パーティ気分で見ようと、浮かれて帰ったことがありました。そしたら彼女が『何をM-1を楽しもうとしてんねん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.