くらし情報『年間2千件超!高齢世代に多い「格安スマホ」の不満とは』

2020年2月13日 15:50

年間2千件超!高齢世代に多い「格安スマホ」の不満とは

年間2千件超!高齢世代に多い「格安スマホ」の不満とは


電話料金は安くなる格安スマホ。でも、そのデメリットを知らない人が多い。実際の事例からその落とし穴を学ぶーー。

「“格安スマホ”に関する問い合わせが、年々増えています。とくに高齢者から、サービスに不満があるという声が多く寄せられています」(国民生活センター広報部)

総務省によれば、契約されているスマートフォン(以下、スマホ)の12%以上が格安スマホ(MVNO)の利用者で、契約数は’19年9月時点で約2,300万件。3年前の倍近くになった。そもそも“格安スマホ”とは?

「携帯電話サービスを提供するには、通信設備を整える必要があり、巨額の投資が必要です。そこで、NTTドコモ、au、ソフトバンクという大手キャリアから回線の一部を借りることで、サービス運用費をグンと安く抑えているのが、格安スマホなんです」

そう教えてくれたのは、ITジャーナリストの鈴木朋子さん。現在、数百社の格安スマホ業者があるが、最大のメリットは何といっても、安く利用できること。

「大手携帯電話では6,000円前後の月額料金が、格安スマホなら2,000円を切ることもあります」

夫婦2人で5,000~1万円ほどの節約になるとあって、人気は急上昇中だが、安さだけに引かれて飛びつき、デメリットに後悔する人が続出している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.