くらし情報『6時間ぐずる赤ちゃんも即寝…快眠寝室のカギは“雑音”』

2020年2月17日 06:00

6時間ぐずる赤ちゃんも即寝…快眠寝室のカギは“雑音”

6時間ぐずる赤ちゃんも即寝…快眠寝室のカギは“雑音”


「息子が生後2カ月半を迎えたある日、いくら抱っこしても歌ってもぐずって寝付かず、気づけば6時間がたっていました……。そんな日がしばらく続いたため、医学論文をひたすら読んだり、夜泣きやぐずりに悩む親御さんの話を聞くなどして、赤ちゃんのための睡眠法について徹底的に研究しました。それをもとにして作った“快眠メソッド”を実践したところ、息子はたった3日で“即寝体質”に変わったんです」

そう話すのは、『医師が教える赤ちゃん快眠メソッド』(ダイヤモンド社)を執筆した、「小児睡眠コンサルタント」を務める医師の森田麻里子さん。

「このメソッドは、どんな赤ちゃんにも効果が期待できる普遍的な方法を追求しています。その多くは、寝付きの悪さや、寝苦しさなどに悩む大人にも応用できるもの。そのうえ、今日からできることばかりです」

寝付けなくて布団の中でゴロゴロしていたら時間がたっていた、少しの物音で起きてしまう……そんな悩みを持つ人は多いはず。

今回本誌は、森田さんが編み出した快眠メソッドの中から、“すぐ眠れる”“すごく眠れる”ようになるという「寝室環境の整え方」を教えてもらった。

【1】部屋は真っ暗にする

「いちばん大切なのは、遮光すること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.