くらし情報『津田寛治「中2のとき亡くなった父の担当医が役作りの支えに」』

2020年3月2日 06:00

津田寛治「中2のとき亡くなった父の担当医が役作りの支えに」

津田寛治「中2のとき亡くなった父の担当医が役作りの支えに」


余命3カ月のがん患者・山中静夫(中村梅雀・64)と、彼を担当する今井医師(津田寛治・54)。2人の交流を軸に、終末期を描いたのが映画『山中静夫氏の尊厳死』(シネスイッチ銀座ほかにて公開中。全国順次ロードショー)だ。

「映画って人それぞれ好き好きがありますけど、そのなかでも好みを超えて心に響いてくる作品もあると思うんですね。僕はまさにこの映画がそうだと思っています。地味で仕掛けはないけれど、それに代わる人の心を動かす大きな何かがあるんじゃないかなと僕は信じています」(津田・以下同)

津田の言葉のとおり、本作に目を引くような派手な展開はない。しかし浅間山麓の自然のなかで営まれる生命の物語が、心に静かに響いてくるのだ。医師・今井役をつくるうえで支えとなったのは、自身が中学2年生のときにがんで亡くした父の担当医だと語る。

「当時、子供心にその医師を事務的で冷たいと思っていました。ただ、父が息を引き取ったあとに泣きながら『医療の力でみんながいつか助かるようになるから。ごめんな』という、言葉をかけてくださった。今回、振り返ってみたときに、いいお医者さんだったなと思える人物にしたいと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.