くらし情報『吉沢悠「休みは愛犬の散歩に。散歩仲間との世間話が楽しくて」』

2020年3月9日 06:00

吉沢悠「休みは愛犬の散歩に。散歩仲間との世間話が楽しくて」

(撮影:福田ヨシツグ)

(撮影:福田ヨシツグ)



「市原くんとは初共演で、最初は走りの呼吸を合わせていく作業に苦労しましたね。走りを教わっていくなかで、だんだん一緒に走ることが楽しいと思ってきたんです。ただ、海沿いを走るシーンはつらかった……。真冬ですし、寒かったです。上はノースリーブ、下は短パンなので(笑)」

そう話すのは、BS-TBS開局20周年記念ドラマ『伴走者』(BS-TBS・3月15日19時〜)で市原隼人(33)とダブル主演を務めた吉沢悠(41)。

本作は、視覚障がいのある陸上選手の目の代わりとなって並走する“伴走者”の淡島(吉沢)と、不慮の事故で視力を失った元サッカー選手の内田(市原)がパラリンピック出場を目指して奮闘する姿を描いた物語だ。

今年で芸能活動22年。たくさんの作品に出演するなかで、引退を考えた時期もあった。

「自分がこれからどうしていきたいか。俳優をなんでやっていたのか……と20代で葛藤していた時期に芸能界を辞めてニューヨークに行ったんです」

現地でいろいろなものに触れ、演技が好きだということを再認識できたという。

「カメラの前にいることが当たり前じゃない、と演じる喜びを改めて感じて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.