くらし情報『チケットは?大会会場、聖火は?「五輪1年延期」への疑問』

2020年4月1日 11:00

チケットは?大会会場、聖火は?「五輪1年延期」への疑問

チケットは?大会会場、聖火は?「五輪1年延期」への疑問


新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、3月24日に国際オリンピック委員会(IOC)が、安倍晋三首相とバッハ同委員会会長との電話会談を受けて、「1年程度の延期」を承認した。

「124年の近代五輪の歴史上、戦争により3回は『中止』されましたが、『延期』は史上初。それは、1894年に世界大戦を回避するため『スポーツで世界平和を構築する』という精神が打ち出されて以来、オリンピアードという『4年に1度のサイクル』が遵守されてきたからです」

そう解説するのは、かつて日本オリンピック委員会(JOC)参事を務めたスポーツコンサルタントの春日良一さん。

代表選考やチケットの取り扱いーー。延期によってどのような影響を受けるのだろうか。春日さんが解説してくれた。

【1】選手の「再選考」はあり得る?

東京マラソンで日本記録をマークし、今大会出場の権利を勝ち取った大迫傑選手らをはじめ、内定選手は出場選手全体の57%。残り43%は今後、選考会などを経て選出されることになる。

「内定した選手に関しては、その権利ははく奪されることは考えにくい。なぜなら、’21年に延期したとしても『TOKYO 2020』の名を冠す以上、’20年の大会のために選出された選手で行われるべきだからです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.