くらし情報『給付金13万円の小切手を全額地元レストランへのチップに』

2020年4月27日 11:49

給付金13万円の小切手を全額地元レストランへのチップに

(写真:AP/アフロ)

(写真:AP/アフロ)



米政府は4月中頃より、新型コロナウイルスに対する経済刺激策として、大人一人あたり1,200ドル(約13万円)、子どもには500ドル(約5万3千円)の現金給付を始めている。年収7万5千ドル未満の人全てが対象となり、銀行振り込みのほか、小切手やプリペイド式デビットカードで受け取ることもできる。

給付金の使い途の多くは、食料品やガソリンなどの生活必需品の購入だというが、全額レストランへのチップとして置いたという人もいる。FOX4など複数の海外メディアが報じている。

アーカンソー州のパインブラフという小さな町にあるコロニアル・ステーキハウス。1974年に創業した、地元民に愛されるレストランだが、新型コロナウイルスの影響で客は激減、経営難に陥っている。欧米の飲食店は従業員の基本給を低く抑え、顧客からのチップで稼がせるケースが多い。来店客が減れば、チップも減る。飲食店はまさに崖っぷちだ。

そんな中、持ち帰り用の食事をピックアップしに来店した常連客が、政府から支給された1,200ドル分の小切手をそのままチップとして置いていったという。ゼネラルマネージャーのアリソン・ホールさんは「涙があふれ、神に感謝しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.