くらし情報『新型コロナ抗体検査 陽性で免疫ある証明に? 医師の見解』

2020年5月7日 11:00

新型コロナ抗体検査 陽性で免疫ある証明に? 医師の見解

(提供:ナビタスクリニック)

(提供:ナビタスクリニック)



4月17日の会見で、加藤勝信厚労相が「具体的な段取りを調整し、早期に取り組む」と表明した新型コロナウイルスの抗体検査。対象は無作為に選んだ数千人で、4月中にも開始する予定だ。

一方で、まだまだ始まったばかりの検査。何がわかるのか、今まで散々叫ばれてきたPCR検査と何がちがうのかなど、わかりにくい部分も多い。

そこで、3月より先駆けて抗体検査を導入している、ナビタスクリニック理事長で内科医の久住英二さんに、まずは基本知識を解説してもらった。

「PCR検査は、いま現在、体内にウイルスがいるか調べるもので、抗体検査は過去に感染したことがあるのかを調べる検査です。ウイルスに感染すると、体内では抗体が作られます。抗体検査では、血液中に含まれるこの抗体を検出します。抗体の有無を判断するのに必要な時間は15分ほど。作業自体も病院などで採血をして、検査キットに血液をごく少量たらし、さらに試薬を加えるだけと簡単です」(久住さん・以下同)

気になるのは検査で陽性、つまり“抗体あり”と判定された場合だ。体に新型コロナウイルスに対する免疫ができていると考えていいのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.