くらし情報『つるの剛士「普通の声で」投稿が波紋…トーンポリシングとは』

2020年6月2日 15:18

つるの剛士「普通の声で」投稿が波紋…トーンポリシングとは

つるの剛士「普通の声で」投稿が波紋…トーンポリシングとは


《普通の声で、ほんまこれ。》

こうツイートしたのは、タレント・つるの剛士(45)だ。

つるのは5月30日、《声高に平和を訴える人ほど攻撃的 声高に差別反対を訴える人ほど差別的 声高に誹謗中傷を責める人ほど言葉が汚い 普通の声で言おうよ、正しいことなら》という投稿に同調。そして冒頭のようにつづった。

そんな彼の投稿に、Twitterではトーンポリシングを指摘する声がこう上がっている。

《こういうのをトーンポリシングと言います》
《典型的なトーンポリシング》
《つるの剛士さんがトーンポリシングのわかりやすい例を示してくださいました》

トーンポリシングとは社会問題などに関する主張に対して内容ではなく、その話し方や態度を批判することを指す。「口調や所作が正しくない」という理由で、主張内容の妥当性を損なう。そうすることで目を背けさせたり、主張を封じ込めることにも繋がるため問題視されている。

「『普通の声』で言える人と、そうでない人がいます。例えばいまアメリカでは、黒人を中心に暴動が起こっています。それは無抵抗の黒人男性を白人警察官が首を押さえつけて死亡させたということへの抗議です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.