くらし情報『5割の医師が「診療やめたい」コロナ現場172人の悲痛な訴え』

2020年6月3日 11:00

5割の医師が「診療やめたい」コロナ現場172人の悲痛な訴え

全国医師ユニオン代表の植山直人さん(写真:時事通信)

全国医師ユニオン代表の植山直人さん(写真:時事通信)



「自分自身が新型コロナウイルスに感染してしまう、自分の病院でも院内感染が起きかねない……。9割以上の医師が、そういった感染リスクに対する不安を抱えていることが、アンケートからわかりました」

そう語るのは、全国医師ユニオン代表の植山直人さん。

全国医師ユニオンは日本で唯一の、勤務医の全国的な労働組合だ。医療崩壊の危機が叫ばれるなか、全国医師ユニオンは4月24日から5月6日の13日間、WEB上で緊急アンケートを実施。新型コロナ感染者の治療や検査を行う医師172人から回答を得た(アンケート結果は全国医師ユニオンのホームページでも公開されている)。

その回答を見ると、私たちが想像する以上に医療現場が疲弊していることがわかる。「『COVID-19の診療』をやめたいと思いますか」との質問に、5割を超える医師が「新型コロナの診療をやめたいと思うことがある」と回答しているのだ(「いつもある」が15.7%、「ときどきある」が39.5%)。

アンケートの自由記載欄には《物資や設備も不十分なまま、業務命令として“疑い患者”の対応をさせられており、戦時中の特攻隊のような気分がします》という悲痛な声も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.