くらし情報『13年前の英少女失踪事件で有力容疑者浮上、ついに逮捕か』

2020年6月4日 17:14

13年前の英少女失踪事件で有力容疑者浮上、ついに逮捕か

事件発生後、デヴィッド・ベッカムもテレビで捜査協力を呼びかけていた(写真:ロイター/アフロ)

事件発生後、デヴィッド・ベッカムもテレビで捜査協力を呼びかけていた(写真:ロイター/アフロ)



2007年5月3日、バカンスでポルトガルを訪れていた英国人のマッカンさん一家の生活は、その日を境に一変した。娘のマデリンちゃん(当時3歳)が、当時滞在していた別荘の部屋から忽然と姿を消してしまったのだ。

マデリンちゃんの失踪は、事件が起きたポルトガルや、一家の住む英国は言うまでもなく、世界中で報道された。娘を誘拐されたと主張する両親も連日テレビの取材に応え、娘を傷つけないでほしいと犯人に向けたメッセージを発信し続けた。

これまでに何人もの容疑者が浮上しては消え、ネットでは様々な憶測が飛び交い、両親犯人説を唱えるメディアも複数に上るなど、マデリンちゃん失踪事件は風化することなく、先月で発生から13年の時が経過した。そして3日、ドイツ当局は現在43歳になるドイツ人の男が、マデリンちゃん事件に関わっているとして立件を進めていると公表した。The New York Timesなどが伝えている。

ドイツ連邦警察のクリスチャン・ホッペ捜査官が公共放送で語ったところによると、氏名未公表のこの男は1995年から2007年にかけてキャンピングカーで流浪の生活を送っており、事件発生前後はちょうどポルトガルのプライア・ダ・ルスで働いていたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.