くらし情報『ジョージ・フロイドさんと元警官、同僚時代よく衝突していた』

2020年6月11日 18:53

ジョージ・フロイドさんと元警官、同僚時代よく衝突していた

米下院司法委員会で涙ながらに証言するジョージ・フロイドさんの弟フィロニーズ・フロイドさん(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

米下院司法委員会で涙ながらに証言するジョージ・フロイドさんの弟フィロニーズ・フロイドさん(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)



「Black Lives Matter」運動のきっかけとなったジョージ・フロイドさんの死。フロイドさんはかつてナイトクラブでガードマンとして働いていたが、彼を死に至らしめた元警官デレク・ショーヴァンも非番の日に同じクラブでガードマンのバイトをしていたことがわかっている。

ナイトクラブ時代の2人をよく知るデヴィッド・ピニーさんはCBS Newsに対し、2人の関係は張り詰めたものだったと語る。

「デレクは客に対してすごく攻撃的になることがよくあって、それが原因で2人は衝突していたよ。ジョージにもいつも食ってかかっていた。ジョージはプロに徹するために、デレクとコミュニケーションを取らないといけないときは俺に間に入ってくれるよう頼んできた。俺を通して話すことで、無用な衝突を避けていたんだ。(事件の時)デレクがジョージを知っていたかって?ああ、よーく知っていたはずさ」

ショーヴァンは黒人に何か含むところがあったのだろうか。このクラブのオーナー、マヤ・サンタマリアさんはCBS Newsに「彼は黒人を怖がっていたし、怯えていたように見えた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.