くらし情報『空間噴霧に効果なし!? コロナ消毒液で健康被害や火災の恐れ』

2020年7月21日 11:00

空間噴霧に効果なし!? コロナ消毒液で健康被害や火災の恐れ

空間噴霧に効果なし!? コロナ消毒液で健康被害や火災の恐れ


新型コロナウイルスの蔓延で、さまざまな消毒液が身近な存在になった。だが、ひとつ使い方を間違えると、重大な事故を引き起こす恐れがあるという。専門家が警告するーー。

「コロナ禍で身の回りを清潔にしようという意識が高まり、エアコンの内部を自分で洗浄しようとする方が増えているかと思います。しかし、方法を誤ると、火災など危険な事故につながる恐れがあるので、注意が必要です」

こう話すのは、経済産業省所管・製品評価技術基盤機構(NITE=以下同)製品安全センターの佐藤秀幸さんだ。

NITEに通知されたエアコン事故は、’15〜’19年度の5年間で計263件発生しているが、うち火災が244件、死亡事故が6件(7人)。

「なかでも、誤った洗浄方法による火災事故が、最近5年間で20件も発生しているんです」(佐藤さん)

そこで、コロナウイルス対策「消毒液」でやってはいけない使用法を専門家に聞いた。

【NG1】効果もない空間噴霧で健康被害

名前が似ている「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」。混同している人も多いようだが……。

「この2つはまったく別ものです。市販の消毒用アルコール(エタノール)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.