くらし情報『荻原博子語る“マイナポイント5千円分付与”の落とし穴』

2020年8月14日 11:00

荻原博子語る“マイナポイント5千円分付与”の落とし穴

荻原博子語る“マイナポイント5千円分付与”の落とし穴


7月から、マイナポイントの予約が始まった。マイナポイントとは、マイナンバーカードを持つ人がキャッシュレス決済をしたとき、買い物額の25%のポイントを国が還元する制度。1人5,000円が上限だ。9月開始に先立って、今は、利用するキャッシュレス決済を選ぶ予約が行われている。そんな、マイナポイントについて経済ジャーナリストの荻原博子が解説してくれたーー。

■“マイナポイント5,000円分付与”には慎重に!

「1人5,000円もらえる」マイナポイントは、確かにお得といえるでしょう。でも、新型コロナウイルス第2波の不安が広がるなか、「なぜ、今なのか」大いに疑問です。

というのも、マイナンバーカードの取得はかなり面倒です。今は落ち着いて向き合えない方も多いと思います。しかも、取得後も面倒が続くことをご存じですか。

マイナンバーカードには有効期限があります。20歳以上は申請後10回目の誕生日までの約10年間、20歳未満は約5年間です。さらに、カードに内蔵される電子証明書の有効期限はまた別。こちらは年齢問わず約5年間です。

つまり、カードの更新が必要。いざというときに「未更新だから使えない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.