くらし情報『「僕にとって神のような存在」堺雅人感嘆させた柄本明の言葉』

2020年9月19日 06:00

「僕にとって神のような存在」堺雅人感嘆させた柄本明の言葉

スタッフと談笑する堺雅人。

スタッフと談笑する堺雅人。



9月上旬の午後10時半ごろ、都内の有名ホテルにあるフレンチレストラン。店内から厳しい表情の柄本明(71)と香川照之(54)が姿を見せた。2人の密談シーンが撮影されていたようだ。

その後、ホテル前のロータリーでも撮影が始まった。現場にいたのは堺雅人(46)。スーツ姿で口を真一文字に結び訴えかけるような表情、あの“半沢直樹”だった。雨が時折パラつくなか、堺はぬれるのもいとわず、タクシーから降りるシーンを、繰り返し演じていた。スタッフが、エキストラたちに声をかけている。

「すみません、今日は撮影が深夜2時ごろまでかかりそうです」

やはり、ギリギリのスケジュールのようだった。コロナ禍で撮影が間に合わず、第8話が1週延期された、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。いよいよ佳境を迎え、この日も深夜まで、過酷なロケが行われていたのだ。

そんな熱い現場で、主演の堺が常日ごろ“神”と崇める共演者がいた。半沢の敵役である政界のドン・箕部幹事長役の柄本だ。

「堺さんは’10年の映画『ゴールデンスランバー』で柄本さんと共演しており、今回が10年ぶりの再共演でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.