くらし情報『ハロウィンジャンボ購入は“奇跡の当せん”秘話にならえ!』

2020年10月2日 11:00

ハロウィンジャンボ購入は“奇跡の当せん”秘話にならえ!

富山県・太郎丸チャンスセンター

富山県・太郎丸チャンスセンター



現在、発売中のハロウィンジャンボ(1等・前後賞合わせ5億円)。いったいどんな人がどんな買い方で大当たりしているのか、気になる人も多いだろう。

そこで本誌では、「宝くじ公式サイト」内で紹介されている、過去3年のハロウィンジャンボの高額当せん者エピソードに着目。その人が当せんくじを購入した売り場を探し当て、奇跡の一部始終を取材したーー。

富山県「太郎丸チャンスセンター」では、’18年ハロウィンで1等・前後賞5億円がバラで販売された分から出た。

「このうち、30代の男性が1等3億円、60代男性が前賞1億円を当てたのですが、この2人はなんと親子だったんです。しかも親子別々に、偶然同じ日の違う時間に買いにきたというんです。もう奇跡としかいいようがありません」

こう話すのは山口茂店長。父親のほうはジャンボ歴50年。息子も10年来ずっとジャンボを買い続けてきたとか。山口店長はこう話す。

「当てるにはとにかく買い続けること。こんな奇跡が起きるんだから、バラがおすすめですね」

つづいて長崎県「東長崎イオンチャンスセンター」には、’18年ハロウィン抽せん日の翌日、売り場に1等の当せんくじを持った男性がやってきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.