くらし情報『コンフィデンスマンJP脚本白紙に 竹内さんも中心の物語だった』

2020年10月6日 16:00

コンフィデンスマンJP脚本白紙に 竹内さんも中心の物語だった

コンフィデンスマンJP脚本白紙に 竹内さんも中心の物語だった


9月27日にこの世を去った竹内結子さん(享年40)。どの共演者からも愛された竹内さんだったが、劇場版『コンフィデンスマンJP』で2度共演した長澤まさみ(33)は特に強い愛を抱いていた。

「03年公開の映画『黄泉がえり』が2人の初共演。すでに女優としてブレイクしていた竹内さんは、まだ駆け出しだった長澤さんに現場で優しく接していたそうです。以来、長澤さんが最も敬愛する先輩の一人に。

『コンフィデンスマンJP』が映画化されるにあたり、竹内さんとの共演を熱望したのも長澤さんだったそうです」(芸能関係者)

今年7月に出演したラジオ番組で、長澤はリスナーからの質問に答えるかたちで、竹内さんへの愛を打ち明けていた。

《全然関係ないけど、竹内結子さんのことは大好き。竹内結子さん、ずっと見てたい》

竹内さんもその後行われたインタビュー取材で長澤の“告白”にこう応答している。

《わー、うれしい。残念ながら今回は一緒に撮影する期間が短かったんですよね……。私も海外ロケに参加したかった!(笑)》

8月に製作が発表された映画第3弾『英雄編』にも竹内さんは出演する予定だったという。

「第3弾の撮影はもう決まっており、コロナ禍もあってロケ地を海外、国内どちらにするか調整が進んでいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.