くらし情報『今井絵理子議員 最年少スピード出世も「実績は?」と疑問続出』

2020年10月8日 13:15

今井絵理子議員 最年少スピード出世も「実績は?」と疑問続出

今井絵理子議員 最年少スピード出世も「実績は?」と疑問続出


《自民党女性局長代理を拝命しました。吉川ゆうみ局長をしっかり支えていけるように、鈴木貴子局長代理と共に力を合わせて頑張ってまいります》

10月7日、こうインスタグラムで報告したのは自民党の今井絵理子参院議員(37)。新たに局長に就任した吉川ゆうみ参院議員(47)をサポートすると、意気込みを表明した。

菅義偉内閣が発足後の9月30日、参議院国会対策委員会副委員長に就任したことも報告していた今井氏。インスタグラムで《最年少であり、女性は私だけですが先輩議員のご指導の下、精一杯頑張ります》と意欲をのぞかせていた。

今井氏は16年の参院選の比例区で、30万票以上を獲得して当選。当選1回ながらも19年には、“若手の登竜門”といわれる内閣府政務官に大抜擢。だが先月の安倍内閣解散に伴い、その任期は約1年で終えた。

「今井氏が就いた政務官とは、省内の特定の政策や企画をサポートする役割。彼女は防災や女性活躍などを担当しました。副大臣の下にあたる役職で、官僚として最高階級である事務次官よりも高い立場です。ですが副大臣のように大臣不在時に代行するような権限はなく、若手議員が勉強のために就く役職だともいわれています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.