くらし情報『周囲驚かせた生田斗真の役作り ギター弾き語りすべく極秘特訓』

2020年10月16日 06:00

周囲驚かせた生田斗真の役作り ギター弾き語りすべく極秘特訓

周囲驚かせた生田斗真の役作り ギター弾き語りすべく極秘特訓


黒柳徹子と生田斗真による朗読劇『ハロルドとモード』。東京公演が9月28日から10月3日にかけて行われ、10月14日・15日の大阪公演で千秋楽を迎えた。

黒柳演じる“周りにどう思われようとおかまいなしに、自分のしたいがままに生きる79 歳の女性”モードと、生田演じる“愛に飢えて狂言自殺を繰り返す19歳の少年”ハロルドという、真逆の死生観の二人を中心としたブラックユーモア溢れる作品。

実はこの舞台裏には、生田の極秘奮闘があったという。

「生田さんのギター弾き語りシーンがあるということでファンの間では話題になっているのですが、彼はもともとギターが弾けたわけではありませんでした」

そう語るのは、生田を知る音楽関係者。舞台で披露しているギター弾き語りについての舞台裏での努力についてこう続ける。

「生田さんはロックミュージックも好きで、ずっとギターを弾くことに憧れがあったそうです。それで“弾けるようになりたい”という想いと“いつか役で弾くときがくるかもしれないから”という想いがあり、数年前からギターを購入してご自宅に置いていたそうです。ただ、なかなかこの舞台のオファーまで弾く役が来なかったらしくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.