くらし情報『ノンスタ井上語る『鬼滅の刃』「炭治郎の葛藤が作品に深みを」』

2020年10月29日 15:50

ノンスタ井上語る『鬼滅の刃』「炭治郎の葛藤が作品に深みを」

ノンスタ井上語る『鬼滅の刃』「炭治郎の葛藤が作品に深みを」


「最近の作品のなかでも『鬼滅の刃』はハマった作品のひとつです。『週刊ジャンプ』(集英社)の連載時から欠かさず見てきましたし、アニメは2周見ています」

まるで書店のように、漫画がずらりと並んだ本棚がある自宅でそう話すのはNON STYLEの井上裕介(40)だ。

10月16日に公開された映画『劇場版鬼滅の刃無限列車編』が空前のヒットを記録している。公開3日間で興行収入46憶円を超えた。「漫画・アニメ好き」を公言してきた井上が、作品のヒットの理由、見てない人でもわかる作品の魅力を教えてくれた。

■自粛生活がヒットを後押し

「新型コロナウイルスの流行で行われてきた規制が緩和され、多くの人が外に出るようになったタイミングでの公開でした、感染拡大で、ふたたび自宅にこもらないといけないという不安もある。だから今行けるうちに行きたいという人が多いんだと思います」(井上・以下同)

今年上映予定だった『エヴァンゲリオン』『名探偵コナン』『るろうに剣心』などのアニメ映画や漫画原作の実写映画の公開が来年に延期された影響も大きいという。

「ほかの作品をあまりやってなかったので1つの映画館で1日42回上映みたいなことができたということもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.