くらし情報『月15万円で老後豊かに暮らす夫婦実例「養鶏場にカフェを併設」』

2020年10月30日 11:00

月15万円で老後豊かに暮らす夫婦実例「養鶏場にカフェを併設」

月15万円で老後豊かに暮らす夫婦実例「養鶏場にカフェを併設」


「定年=老後」と考える時代はもう終わり。現代の60歳はまだ若く、少しだけ働きながら、好きなことに時間を費やせる最高の時期です。老後は80歳からでいい。月15万円で豊かに暮らす、60代夫婦のカタチを紹介ーー。

■「5年前、養鶏場にカフェを併設。趣味だったコーヒーと、物々交換で手に入れた食材をメニューにして」齋藤博さん(66)、直子さん(65)

養鶏業を営んでいる齋藤さん夫妻が、敷地内にカフェをオープンしたのは5年前。

「これから先、だんだん体力が落ちていくことを考えると、養鶏だけじゃなく、ほかにも何かせなあかんな、と思ったのがきっかけでした」と、直子さん。

カフェを併設するにあたり、養鶏業は縮小。現在は、150羽のニワトリを平飼い、ときどき放し飼いで育てている。飼料は健康を考えた自家配合で、卵は有精卵。直売所で販売するほか、近所にある牧場で物々交換したり、もちろんカフェでも使用している。

そもそも、「安心して食べられるものをつくりたい」と、夫妻が大阪からここ、千葉いすみ市に移住したのは20代のころ。移住者の多いいすみ市でも先駆者的な存在で、今では土地の人と移住者をつなぐ存在だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.