くらし情報『犯罪防止の“見せしめ”も…湾岸署に芸能人が拘留される理由』

2020年11月1日 16:30

犯罪防止の“見せしめ”も…湾岸署に芸能人が拘留される理由

犯罪防止の“見せしめ”も…湾岸署に芸能人が拘留される理由


道路交通法違反(ひき逃げなど)の疑いで逮捕された俳優の伊藤健太郎(23)が、10月30日に釈放となった。

東京湾岸警察署から出てきた彼は、同署の入り口に立ち「たくさんの方々にご迷惑をおかけしてしまったことを深く反省しています。本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

そんななかネットでは、「また湾岸署?」との声が上がっている。

《なんで芸能人の逮捕案件は皆湾岸署なんだろね?》
《芸能人湾岸署多いよね》
《また湾岸署。芸能人が軒並み湾岸署にぶっこまれるのって一体なんなの?》

確かに先月保釈された伊勢谷友介(44)を筆頭に、近年逮捕された沢尻エリカ(34)や田口淳之介(34)、ピエール瀧(53)といった面々は湾岸署に留置されていた。同署は“芸能人御用達”なのだろうか?

「複数の収容者を入れておく雑居房に著名人を留置すると、施設内でパニックが起こるかもしれません。湾岸署は部屋数が多く、独居房が埋まりづらい。ですから、著名人の拘留に使われやすいんです」と語るのは警視庁関係者。さらに、湾岸署はマスコミ対策も万全だという。

「入口が広く作られており、署から出てきた様子を撮影しやすいという特色があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.