くらし情報『老後資金確保に見える化しておきたい「攻めのお金/守りのお金」』

2020年11月18日 06:00

老後資金確保に見える化しておきたい「攻めのお金/守りのお金」

老後資金確保に見える化しておきたい「攻めのお金/守りのお金」


年を取ってくると“いまさら人に聞けない”話が増えてくるものですが、ことお金にまつわる話題は特にそうなりがち。でも、老後のお金の話こそ“知ったかぶり”は厳禁ですーー!

「コロナ禍以降、経済の先行きが不透明になり、会社員でも雇用や収入に不安を抱く方が増えています。こうした状況では老後の資金確保にも焦りを感じやすいものですが、目先の利益に飛びつくと失敗を招いてしまいます」

こう話すのは、お金にまつわるセミナー開催やコンサルティングを請け負う「ぜにわらい協会」会長の吹田朝子さん。吹田さん自身も、これまで3,300件以上の相談を受け、さまざまな家庭のお金の使い道を設計してきた。

「お金に振り回されやすい人は、老後のお金でも失敗しがち。一度ご自身のお金にまつわる考え方をチェックしてみましょう」

次のチェックリストで、該当する項目が5個以上ある人は、「老後資金」を間違える可能性大!

□ 安物買いを後悔することが多い
□ 元が取れないと悔しく感じる
□ あのとき、投資をしていれば……とよく思う
□ 結婚相手に望むのは高年収と安定
□ 家を買うならマンションより一軒家
□ 他人の貯蓄額が気になる
□ 子どもは私立に行ったら、その分一生懸命に勉強してほしい
□ 週3日で月収20万円ならけっこういいと思う
□ 働くなら福利厚生を重視する
□ 老後は年金だけでは不安だ

老後資金については、家計と同様に見える化して考えよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.