くらし情報『森七菜 高校時代の下積み奮闘…通勤10時間、マネ宅寝泊まり』

2020年11月21日 06:00

森七菜 高校時代の下積み奮闘…通勤10時間、マネ宅寝泊まり

『恋あた』ロケ中の森。

『恋あた』ロケ中の森。



11月上旬の朝、東京近郊のレジャー施設。コーヒーカップに乗ってはしゃぐ笑顔のカップルがいた。森七菜(19)と仲野太賀(27)だ。森の主演ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の撮影だった。昼食時も森は楽しそうに女性マネージャーとお弁当を食べていた。

森といえば、NHK連続テレビ小説『エール』にも、主人公の妻・二階堂ふみ(26)の妹役で出演。存在感を見せつけている。

「大分在住だった森さんは中3のとき、お母さんと海鮮焼きの店に行ったときにスカウトされました。事務所に所属して1カ月半後のオーディションで行定勲監督作品のヒロイン役に抜擢。その後もドラマ『3年A組』(日本テレビ系)、映画『ラストレター』、劇場アニメ『天気の子』など話題作に続々と出演し、今、業界内では“オーディション荒らし”の異名も。『エール』でも本当はヒロイン役を受けたのですが、落選。その代わりに、今回の妹役のオファーがあったのです」(テレビ局関係者)

今春、高校を卒業するまで実家・大分で暮らしていた森。仕事が入る度に上京していたという。

「単身、片道5時間かけて通っていたそうです。東京での仕事が続く日は、女性マネージャーの家で寝泊まりすることもあったといいます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.