くらし情報『医師語るコロナ後遺症「日常生活がままならないほどの倦怠感」』

2020年12月10日 06:00

医師語るコロナ後遺症「日常生活がままならないほどの倦怠感」

医師語るコロナ後遺症「日常生活がままならないほどの倦怠感」


「日常生活もままならないほど“コロナ後遺症”に苦しんでいるのに、病院では〈心の病いだ〉〈気の持ちようで治る〉などと言われ、死を考えるほど追い込まれている方がたくさんおられます。とくに女性は、男性に比べて約1.5倍、後遺症が出る人が多いことがわかってきました」

そう話すのは、ヒラハタクリニック(東京都渋谷区)の院長・平畑光一さん。“新型コロナ後遺症外来”を設置し、これまで400人以上の患者を診てきた。“コロナ後遺症”という言葉は聞いたことはあっても、どのようなものかを知らない人は多いだろう。平畑院長は、こう続ける。

「その症状は、動けないほどの倦怠感や、気分の落ち込み、胸痛・筋肉痛など体の痛み、頭痛、息苦しさ、食欲不振、嗅覚・味覚障害、脱毛など多岐にわたります」

今年8月に新型コロナに感染したHey! Say! JUMPの伊野尾慧(30)も「臭覚が戻るのは時間がかかった」と11月26日に出演した『めざましテレビ』(フジテレビ系)で吐露。また、4月に感染したハリウッド女優のアリッサ・ミラノ(47)は、クシで髪をとかすと大量の毛が抜ける動画を8月になってSNSに投稿して話題になった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.