くらし情報『“若者のゴミ屋敷”が急増中 家のトイレが使えずコンビニで』

2020年12月21日 15:50

“若者のゴミ屋敷”が急増中 家のトイレが使えずコンビニで

ゴミ出しが苦手な若者が増えている……。

ゴミ出しが苦手な若者が増えている……。



「実は近年、20~30代の若い人たちのゴミ屋敷化が増えているんです」

そう指摘するのは、『ルポ ゴミ屋敷に棲む人々』(幻冬舎)の著者で、公衆衛生看護学の専門家の岸恵美子東邦大学大学院(看護学研究科)教授だ。岸先生は、近年マンションの一室がゴミ部屋になっているケースも増加していると語る。マンションのゴミ部屋は一軒家と違って外から見えないため発覚しにくいのだという。

「高齢者は、身体的な衰えによりゴミ捨て場までゴミを運べないためゴミ屋敷になるということが多い一方、若い人の場合は、仕事が忙しく、朝出勤するまでの時間にゴミ出しができず、ベランダや部屋にため込んでしまうのです」

今年7月、人気となった多部未華子主演のドラマ『私の家政婦ナギサさん』(20年・TBS系)。このヒロインのメイも、仕事はできるが、家事が苦手で片付けられない28歳の女性だった……。

「まさに、このヒロインのような若者が増えているんです。仕事が忙しく、職場の人間関係にも苦労していたりすると、家に帰りついたときには、もうぐったりで何もできない。中には、風呂場やトイレにまでモノがあふれてしまっているケースも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.