くらし情報『【ポップな心霊論】「幽霊にも感情はあると思います」』

2021年1月3日 15:50

【ポップな心霊論】「幽霊にも感情はあると思います」

(イラスト:マユボンヌ)

(イラスト:マユボンヌ)



その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【幽霊にも感情はあると思います】

最近、ホラー系の作品が人気ですよね。『女性自身』で、主演の亀梨和也さんと対談させていただいた映画『事故物件恐い間取り』も大ヒットしましたし、『鬼滅の刃』『呪術廻戦』といったホラーなテーマのマンガも大人気です。

僕が思うに、ホラー作品が多くの人に受け入れられるようになったのは、霊的なものの描き方が、ただ単に「怖い」だけじゃなくなってきたからかなと。生前の壮絶な過去や、抱えている悲しい思いを描くと、鬼や呪いも身近な存在になるんじゃないでしょうか。

これは、知り合いのホラー監督さんに聞いた話ですが、幽霊役の人が感情をこめた演技をすると、とたんに怖くなくなるらしいんです。たしかに、幽霊を見慣れている僕でも、よくわからないけど嫌な感じがする霊は怖いですし、なんとなく人となりが想像できる霊は、あんまり怖くありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.