くらし情報『シャンシャン返還延期に その丸い肩にかかった“パンダの未来”』

2021年1月4日 06:00

シャンシャン返還延期に その丸い肩にかかった“パンダの未来”

シャンシャン返還延期に その丸い肩にかかった“パンダの未来”


東京・上野動物園の人気者といえば、上野生まれのジャイアントパンダ、メスのシャンシャン(3)。12月末予定の中国への返還が、今月10日、来年5月末まで延期になったことでもニュースになった。

「やはりという思いです。返還前には必ず検疫期間がありますが、シャンシャンは検疫に入る様子もなく、通常どおりの展示が続き、12月になっても返還日の発表がなかった。パンダファンの間では『シャンシャン、帰る気配ないよね』と、ささやかれていたんです」

と、話すのは、1年365日、上野動物園に通ってパンダを撮影し、ブログに掲載している「毎日パンダ」の管理人・高氏貴博さん(42)だ。

「延期発表翌日のパンダ舎前は、その話題でもちきりでしたよ」

同時に、来年2月が返還期限だったシャンシャンの両親、リーリー(オス・15)とシンシン(メス・15)の返還も5年、延長された。新型コロナウイルスの感染拡大で、パンダの輸送時に同行する専門スタッフの渡航が難しいと判断されたためだった。

コロナ禍の現在、動物園への入園も事前予約制。入園できる人数が限られているにもかかわらず、シャンシャンがいる東園パンダ舎前には連日、行列ができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.