くらし情報『「昔とは違う」という言い方は“年の差”刺激する危険ワード』

2021年1月14日 11:00

「昔とは違う」という言い方は“年の差”刺激する危険ワード

「昔とは違う」という言い方は“年の差”刺激する危険ワード


何げなく発した一言のために、人間関係が悪化した、そんな経験はないだろうか。

「たとえよかれと思っての一言でも、相手にとってはとても失礼で、傷つけてしまうことがあります」

そう話すのはイメージコンサルタントの吉原珠央さん。確かに、口は災いのもとというが、悪意のない言葉をどう注意すればいいのか。

「誰でも失言の苦い記憶があると思います。ときどき思い出して『考えてから話そう』と意識することが大切です」(吉原さん・以下同)

ならば意識づけも兼ねて、練習してみよう。次の人間関係を壊しかねない「失礼な言い方」を、どう言い換えればいいか。吉原さんがクイズ形式で出題。

【Q1】「私は、あなたみたいにがんばれないわー」

生活費を稼ぐため、フルタイムで働く私に、専業主婦のママ友が一言。

「発言者は、仕事と家事をこなす人を『すごい!』と思う反面、本当は少し嫉妬心があるのかもしれません。ワーキングママも、専業主婦も、たいへんなことはたくさんあるはず。お互いに『私のほうがたいへん』『私のほうが優位』といった競争心を抑え、相手のいいところを認めることが大切です」

言い換え:「時間の使い方が上手だよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.