くらし情報『志らく番組終了も前向きな訳 クリアしていた“35年目の忠告”』

2021年1月30日 11:00

志らく番組終了も前向きな訳 クリアしていた“35年目の忠告”

昨年、芸歴35周年を迎えた志らく。

昨年、芸歴35周年を迎えた志らく。



「うわさ通り、3月いっぱいをもって終了することになりました」

1月29日、「グッとラック!」(TBS系)でこう話したのは落語家の立川志らく(57)だ。番組が始まったのは19年9月。志らくは1年半に及ぶMC生活を振り返り、「太く短く私は楽しんだつもりでございます」と話した。

「志らくさんは自身が『グッとラック!』に出演することで、『視聴者が落語に触れるキッカケになればいい』と考えていたそうです。彼が放送中、着物をメインで着ているのも視聴者に落語家という存在を知ってもらうためだといいます。

また志らくさん自身も、MCでの経験によって『全体を見渡して発言できるようになった』と語っていました」(スポーツ紙記者)

いっぽう、志らくのMC進出に対して「落語に専念したら?」と疑問視する声もあった。

しかし彼は「グッとラック!」が始まる直前、Twitterで反論。《あのね、どれだけ全国で独演会やっていると思ってるの。専念してる落語家より専念してるよ》とつづっていた。

なぜ彼は多忙ななか、批判されながらもあえてテレビ出演を続けてきたのか。そこには、師匠である立川談志さん(享年75)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.