くらし情報『医師語るコロナ後遺症 高齢者より中高年の再入院比率が高い訳』

2021年2月3日 11:00

医師語るコロナ後遺症 高齢者より中高年の再入院比率が高い訳

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



「2度目となる緊急事態宣言発令後も収束の兆しはなく、2月1日には3月7日までを目安に延長することが発表されました」(全国紙記者)

1月に11都府県を対象に緊急事態宣言が発令されるも、27日には重症者数が過去最多となる1,043人を記録。なかでも、世界中で新たな悩みの種となっているのが後遺症だ。

「最初に感染が拡大した中国・武漢市では、感染者約1,700人の7割以上が退院から半年たっても後遺症とみられる症状を抱えていることが先日、発表されました」(医療ジャーナリスト)

昨年8月末、新型コロナに感染した爆笑問題の田中裕二(56)は、1月20日に脳梗塞とくも膜下出血で病院に搬送された。一部ではコロナによる後遺症の疑いが指摘されている。

そんななか、英国から後遺症に関する衝撃的な知らせが届いた。

英国の国家統計局とレスター大学が、昨年1月から8月末までに退院した同国内の新型コロナ患者47,780人(平均年齢65歳)を追跡調査。その結果、回復後に退院してから140日以内に全体の29.4%が再入院。12.3%が死亡したという研究論文を発表したのだ。

■医療崩壊が進めば日本でもイギリスと同じ数字に…

ただ、実際にこの論文を読んだ元WHO専門委員でハーバード大卒の医学博士・左門新氏は「日本で同じような数字が出るとは考えにくい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.