くらし情報『川上麻衣子語るコロナ闘病生活「味覚異常で水すら塩っ辛かった」』

2021年2月12日 06:00

川上麻衣子語るコロナ闘病生活「味覚異常で水すら塩っ辛かった」

川上麻衣子語るコロナ闘病生活「味覚異常で水すら塩っ辛かった」


「発症当時よりもいまのほうが、コロナの後遺症の恐怖が強くあります。血栓による脳梗塞の話など、さまざまな情報が更新されてきましたから……。私自身は軽症で終わったため、薬も出ず、直接、医療機関での診療を受けていません。コロナの感染が落ち着いたら、肺のCTを受けるなどして、自分自身の体の状態を確認したいと考えています」

そう語るのは、昨年11月に新型コロナウイルスに感染した女優の川上麻衣子さん(55)だ。

「昨年3月、親交のあった志村けんさん(享年70)が新型コロナで亡くなりました。それまで、どこか遠いところの出来事だと思っていたコロナを、急に身近に感じるようになったのです。それから、うがい、手洗い、マスクなど、一般的な感染対策に加え、次亜塩素酸水を使った加湿など、対策には気を使ってきました。しかし、そんな生活が長引くにつれて、気の緩みもあったのかもしれません。マスクを外して食事しているときに、スタッフと会話してしまったり……。会食もともにしていた近親者より、11月4日に『発熱した』と連絡があったときも、単なる風邪だと思っていました」(川上さん・以下同)

その翌日、川上さんは主演ドラマの撮影のため、大阪へ移動した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.