くらし情報『川上麻衣子「コロナ感染公表で中止した『感染を謝らないこと』」』

2021年2月12日 06:00

川上麻衣子「コロナ感染公表で中止した『感染を謝らないこと』」

川上麻衣子「コロナ感染公表で中止した『感染を謝らないこと』」


「私の経験を通して新型コロナウイルスの実態を知ってほしい」、そう話す彼女。感染するとどういう生活になるのか、いまだに消えない後遺症の恐怖とはーー。

「昨年3月、親交のあった志村けんさん(享年70)が新型コロナで亡くなりました。それまで、どこか遠いところの出来事だと思っていたコロナを、急に身近に感じるようになったのです。それから、うがい、手洗い、マスクなど、一般的な感染対策に加え、次亜塩素酸水を使った加湿など、対策には気を使ってきました。しかし、そんな生活が長引くにつれて、気の緩みもあったのかもしれません。マスクを外して食事しているときに、スタッフと会話してしまったり……。会食もともにしていた近親者より、11月4日に『発熱した』と連絡があったときも、単なる風邪だと思っていました」

こう語るのは、昨年11月に新型コロナウイルスに感染した女優の川上麻衣子さん(55)。その翌日、彼女は主演ドラマの撮影のため、大阪へ移動した。

「夜に到着しましたが、なんとなく体がだるくて、食事もしないでそのまま寝てしまったんです。ここでも“移動の疲れかな”と考えていたんですね」(川上さん・以下同)

だが、心に引っ掛かりはあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.